敏感肌

敏感肌の原因とお手入れのコツ

敏感肌は、多くの方が「乾燥性敏感肌」です。乾燥肌の項でご説明している通り、お肌のバリア機能の低下や皮脂分泌バランスの崩れにより、角質層から水分が逃げて行く状態が進むと、常に角質層が荒れている状態になります。
この時に僅かな刺激にも敏感になりやすく、自分の髪の毛が触れただけでもかゆみを生じたりすることもあります。
また肌が荒れ、角質層が薄く敏感な状態になっていると、温度変化によるかゆみを生じることもあります。
普段は大丈夫でも、過労やストレスによって免疫が低下したときにトラブルを起こしやすい肌の方もいます。
また、敏感になっている状態のお肌は、刺激性の強い化粧品の配合成分に反応する事があり、特にパラベンやエタノール等の成分によって赤みが出たりかゆみを生じたりすることもあります。
敏感肌の方はあらかじめ、化粧品の裏面表示にある成分で、自分が反応しやすい成分がないか等、見ておくと良いでしょう。
赤みやかゆみがひどい状態の時は化粧品よりも、皮膚科医等専門医の指導を仰ぎ、まずは健康な状態のお肌に戻す事を優先してください。
症状が落ち着いてきたら、刺激の少ない化粧品で、まずは保湿を心がけてください。
無添加の化粧品等でケアをすると良いでしょう。


⇒オススメのHUMICシリーズは??

まずは最低限のケアをご紹介します。安定してきたら、乾燥肌の項のオススメも参照してみてください。